拘縮へのリハビリ
関節の可動域制限を緩和

Point

拘縮とは

拘縮とは、何らかの原因で関節が正常な範囲内を動かせなくなってしまった状態を指します。

寝たきりの時間が長く続いてしまうと身体を動かせる時間が激減してしまいます。

寝たきりがきっかけで、体の関節が固まるケースが多いです。

拘縮になってしまうと身体を自由に動かすことができず、また介護を受ける際にもスムーズな介助ができなくなります。

拘縮は早めの対処が重要

約2週間に渡って関節を固定した状態や動かさない状態が続くと、関節拘縮が徐々に進行し始めます。 そのため、骨折などでギプスをはめるケースでも拘縮には注意しなければなりません。 関節の固定が4週間になると、周りの組織が癒着してしまい症状の改善が難しくなってしまいます。 関節が拘縮してしまうと、改善することが難しくなってしまうことから、意識的に拘縮予防に励むことが重要です。

3925_s
お気軽にお電話でご連絡ください
03-6693-3844 03-6693-3844
受付時間:9:00~19:00

辛い症状に合わせた訪問オーダーメイドリハビリ

ご自宅などへの訪問リハビリを世田谷区近辺のエリアで実施しており、国家資格を保有したトレーナーがお伺いいたします。必要なリハビリ方法を的確にアドバイスし、パーソナルトレーニングのお手伝いをいたします。

老若男女どんな方でもご利用いただけます
HabiFill

ハビフィル

概要

アクセス

東京都世田谷区三軒茶屋1-35-4 102
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事